エネループ不要?充電池はダイソーのReVOLTESで十分だった。

家電関係
スポンサーリンク

単4電池が必要になったので、Amazonでコスパの良い充電池を探していたのですが、ダイソーでReVOLTESという充電池が100円で買えることを知り購入して来ました。

スペック的にはeneloop(エネループ)に負けますが、ダイソーの充電池のほうがお得になる人も多いと思うので紹介したいと思います。

結論から言うと、充電回数が1500回以下で間に合うならダイソーの充電池で十分です。

ダイソーの単4充電池「ReVOLTES」のスペック

  • 品名:ReVOLTES(単4形)
  • 価格:100円+税
  • 電圧:1.21V
  • 容量:750mAh
  • 充電回数:300回~500回

今回紹介するのは単4形になりますが、単3形もダイソーで売っていました。

充電器も100円で買えるっぽいですが、充電時間が6時間くらいかかるようなので、別途Amazonで入手したほうが良さそうです。

エネループではなくReVOLTESを選んだ理由

ダイソーのReVOLTESを選んだ理由は以下になります。

  • 300回~500回充電できれば十分
  • 1本100円と導入コストが安い

300回~500回充電できれば十分

私の手持ちの電池を使う製品は、リモコン、マウス、キーボードなどです。

これらの電池交換頻度は以下になります。

  • リモコン → 2年に1回くらい
  • マウス → 6ヶ月に1回くらい
  • キーボード → 6ヶ月に1回くらい

交換頻度の高いマウスやキーボードでも、1年に2回しか電池交換をしません。

これから100年生きると仮定しても、死ぬまでに200回しか電池交換しない計算になります。

つまり、300回~500回使えるReVOLTESで十分なんです。

1本100円と導入コストが安い

エネループは1本300円以上しますが、ReVOLTESは1本100円で購入できます。

充電回数は200回あれば十分なので、エネループのように2100回充電できる必要はありません。

それなら安く購入できるダイソーの充電池のほうが良いですよね。

損益分岐点は1500回以上使うかどうか

ReVOLTESとエネループの各充電回数あたりの単価は以下になります。

ReVOLTESエネループ備考
1本あたりの価格110円330円
充電回数500回2100回
100回あたりの単価1.1円3.3円
500回あたりの単価0.22円0.66円
1500回あたりの単価0.22円0.22円ReVOLTESは3本分で計算
1501回あたりの単価0.29円0.22円ReVOLTESは4本分で計算
2000回あたりの単価0.22円0.17円ReVOLTESは4本分で計算

単価の小数点3以下は四捨五入しています。

エネループの価格は、2022/2/19時点のAmazon価格を参考にしています。

1500回以上ならエネループ、逆に1500回以下ならダイソーのReVOLTESのほうがお得になります。

私の場合は、死ぬまでに1500回も充電する機会はなさそうなので、ReVOLTESで大丈夫そうです。

まとめ

充電回数が多い=コスパが高い!と安易にエネループにしてしまうと損をする可能性があります。

死ぬまでの間に電池交換を1500回以上するぜ!って方は、エネループを。

いやいや、そんな使わんやろ!って方はダイソーのReVOLTESで良いかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました