DELL XPS13をUSB Type-Cで充電するために必要な条件

パソコン関係
スポンサーリンク

DELL製品の充電ケーブルってゴツいですよね。

XPS13にはType-C端子があるんですが、このUSB Type-Cで充電出来る事がわかりました。

USBで充電出来るなら、ゴツいACアダプタから開放されますね!

ただ、単純にUSB Type-CならOKって訳ではないので、調べたことを記載しておきます。

実際の充電検証の結果は「DELLのXPS13をType-Cで充電してみた。」で公開していますので、参考にしてみて下さい。

USB PD規格に対応している必要がある

XPS13のACアダプタの出力は19.5V/2.31Aの45Wになります。

従来のUSB規格の給電仕様ではすべて5Vに統一されており、新しいUSB Type-C規格であっても15Wですので、XPS13の要求仕様に全く届いていません。

そこで、必要となってくるのがUSB PDに対応した製品になってきます。

USB PDとは

USB PDとは、USB Power Deliveryの略称で、最大20V/5Aの100Wまで電源供給が可能です。

その為、USB PD規格に対応したUSB充電機器があれば理論上XPS13への充電が可能となります。

USB PDの給電仕様

USB PDはUSBの給電規格になります。

USB PD非対応の場合は、従来のUSBの給電仕様になりますので、それも併せて紹介します。

USB PD非対応の場合

・USB2.0 5V/0.5A 2.5W

・USB2.0 5V/0.5A 2.5W

・USB3.0 5V/0.9A 4.5W

・USB Type-C 5V/3A 15W

上記のとおり、XPS13の45W要求仕様を全く満たしていません。

USB PD対応の場合

USB PD対応の場合、必要に応じて次の給電仕様が選択されます。

・12V/3A 36W

・12V/5A 60W

・20V/3A 60W

・20V/5A 100W

USB PD対応でも、XPS13は19.5V/2.31AのACアダプタを使用していますので、20V/3Aの出力が可能な機器を使用する必要があります。

実際には30Wの環境で充電が可能でした。実際の充電検証の結果は「DELLのXPS13をType-Cで充電してみた。」をご覧下さい。

USB PD対応のACアダプタとケーブル

USB PDを利用する為には、本体・ACアダプタ・ケーブルが対応している必要があります。

(今更ですが、XPS13のUSB Type-CはUSB PDに対応しています。)

一つでも対応していない場合、従来のUSBの給電仕様になりますので、恐らく給電すら出来ないと思います。

調べてる最中、USB PD非対応のケーブル・ACアダプタを紹介している人がいましたのでご注意を!!

USB PD対応ACアダプタ

2016/8/7現在、USB PDに対応した充電器はこれ一択。(たぶん、、、)

USB PD対応ケーブル

下記のケーブルは商品紹介欄に「USB PD対応」と明記されています。

値段が高いですが、対応したのはこれ以外見つけられず、、、

まとめ

XPS13をTYPE-Cで充電するには、ケーブルとACアダプタ両方とも「USB-PD対応」のものを使う必要があります!

コメント

タイトルとURLをコピーしました